テレビとおばちゃん

生活

我が家にはテレビがありません。

持っていましたが処分しました。

今の家に引っ越す時にリビングが狭いので

大きいテレビを置いても近すぎて目が痛くなるため処分しました。

 

結果、すこぶる快適です!

余計な音が入ってこないのでちらちらとテレビを見たりと

無駄な時間が省けるようになりました。

最初はシーンとした部屋が寂しく感じましたが

すぐに慣れました。

アマゾンプライムで音楽をかけたりしていた時期もありましたが

音楽もかけなくなりました。

何をしていても集中できます。

 

見たいテレビ番組もどんどんなくなっていたので

テレビがなくてもまったく問題ありません。

たまに会社でドラマの話題になるので

その都度「うちにはテレビがないの。」と説明するのが面倒なのが難点ですケド。

面倒なので、ふんふんと聞いておいて

気になる内容のドラマを家に帰ってから「TVer」で見ています。

ドラマを録画していた時はどんどん溜まっていってストレスでした。

 

ニュースは携帯でチェックしています。

ほとんどは会社で話題になるので「知らなかった!」と

食い入るように話を聞くようにしています。

たいして話題がないときに「話を聞く」という

コミュニケーションがとれで便利です。

おばちゃんは基本的に「教えたがり」なので。笑

おばちゃんとの交流に悩んでいる方にお勧めです。

おばちゃんは自分の知っている事を話したくて仕方がないのです。

そこを上手く誘導して「それで?それで?」と聞いてあげて下さい。

自分の事をペラペラと長く難しく話すのはNGです。

目が泳ぎ出して「何言ってるのかわからない」という顔になってきます。

その頃にはもうあなたの話の内容を脳が拒否しています。

早めにおばちゃんの話を聞く体制に戻って下さい。

基本的におばちゃんはあなたの話を聞いていません。

私の周りには私を含めて、こんなおばちゃんがうようよいます。

同じ歳の同僚ですら、何回も「うちにはテレビが…」と言っても覚えてくれません。

私は私で毎回面倒なので適当に答えます。

同僚「昨日の〇〇見た?あれさー。」

私「ああ、あれね、見た見た。あの人犯人でしょ?」

同僚「え?まだそこまで進んでないのに…犯人言わないでよ。」

と、漫画原作のドラマなどは漫画を読んでしまっている事が多く

犯人を知っている私は先に言ってしまうというおばちゃんです。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

タイトルとURLをコピーしました