女子高校生、ローファーを買う

高校受験

2年前の今頃のルチヲは

吹奏楽部のコンクールで県大会の予選も通らず

バスクラリネットの個人コンクールに出場する事に。

優秀賞を頂き、引退となったのでした。

そしてやっと受験体制に入れたのでした。遅すぎる…

 

それから…いつか記事にまとめたいと思っているのですが

ルチヲは合格率が100%に近い学校から合格率30%程の学校へ

志望校を変更する事になるのですが

私は発狂しながらの(笑)ルチヲの受験だったので

高校入学までに揃えなければいけないものを

まともに用意できずにいました。

 

ルチヲの高校が決まったのが3月の上旬で

中学卒業の数日前でした。

高校入学にあたって準備するものを

春休み中にそろえなければいけません。

制服、靴下、体操着、上履き、ジャージ

定期券購入、教科書などなど。

 

通学バックは欲しいものがみつからず

みつかるまで中学で使用していたリュックを使う事に。

靴はスニーカーを新しく購入しました。

制服を購入した時についてくれた担当の方が

ルチヲが入学する高校の卒業生だったので

その時に靴は何をはいている人が多いのか聞いたところ

ローファーをはいている生徒が多いとの事でした。

大急ぎでローファーを探しましたが

ルチヲの足に合うローファーを探すのは至難の業でした。

もう3月の下旬。

ルチヲは公立高校で制服やベスト・セーター以外は自由でした。

靴も指定がなかったのでスニーカーを用意したのですが

ローファーがここで必要になってきたのです。

後からわかったのですが

部活でコンクールなどに出場する時は黒のローファーを

はかなければいけません。

黒のローファーが必須だったのです。

 

ローファーの購入にあたり

お店を何件もはしごしました。

手当たり次第試し履きをしてみたのですが

どうやらルチヲの足は幅が広くて甲が高いとわかったのです。

サイズは23~23.5cmだったのですが

とにかく横幅がきつく、

ぴったりなローファーはみつかりませんでした。

【HARUTA】 ハルタ LOAFERローファー 45030 SP15 *BLACK

お店にあった3Eの人口皮のローファーを購入して

中敷きでなんとか調節して入学式にはいていきました。

駅から遠いので途中、痛い痛いと可哀そうでした😢

ローファーは慣れるまで時間がかかるので

「痛いけど頑張ってはいていくよ!」

とかかとが真っ黒になるまで履き続けていました。

もちろんスニーカーとローテーションして履いていたのですが

おしゃれに痛みはつきものなのですね😢

 

そして購入して1年経った頃、思ったのです。

「人口皮の表面は形も崩れずキレイ。

これって足の形に馴染むように伸びないのかな???

本革だったら???」

 

HARUTA ローファー レディース 3048 本革 3E

表面はきれいでしたが

内側のかかとが凹んできていたので

(歩く度に痛そうだったので😢)

新しく本革のブラウンをネットで購入しました。

実店舗は種類が置いてないので

どちらにしても希望の型番の試し履きができません。

どこの店舗にどの型番が置いてあるのかもわからないので

無意味にお店のはしごをしても無駄だと思いました。

 

ルチヲに履いてもらうと

 

ルチヲ
ルチヲ

これいいよ!

前に買ったローファーより

柔らかいかも。

かかとも痛くなりにくいし!

と嬉しそうに履いてくれています。

買換えてから半年以上経ち

ブラウンのローファーの方がかなり

くたびれた感じになっています。

本革の方が柔らかいのでしょうね。

足に馴染んで ボロボロ になっています。笑

 

足に合う靴を探すのは本当に大変でした。

実店舗に行くにもルチヲと私の予定を合わせるのも大変でした。

今回、チャレンジでネットで買ったものが

たまたまルチヲの足にあっていてラッキーだったのですが

これでもうローファーに関しては悩まずにすみます。

ボロボロになるのも早いから

すぐに買換えになると思います。

あと何回買ってあげられるのかな。

 

普段なかなか買わないものや

サイズに悩む靴などは早め早めに調べておいた方が良いです。

みんなが動き出す頃には欲しいサイズもカラーもない。

近くのお店にない。なんて事ばかり。

そうでなくてもやらなければいけない事が山ほどあります。

受験だけでも大変なのにね😢

そんな受験が来年またやってくるー。

 

 

高校受験を控えた方へ参考になれば嬉しいです。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ご覧頂きありがとうございました。
応援クリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました