ワイシャツのカビ退治 黄色編

生活

こ、今度は何なの?何なのかしら?

塩素系漂白剤 黄色くなるで検索

 

【事例】
白いワイシャツを、塩素系漂白剤の「ハイター」のしみ抜き濃度でつけ置き漂白したら、衿や袖口が黄色くなった。
 
【原因
衿や袖口などの芯地に使用されているメラミン系の樹脂は、塩素と反応して黄変することがあります。通常の漂白条件での発生は少ないですが、漂白時間が長い場合や、濃い濃度で漂白した場合に黄変することがあります。
【回復方法
全体が白い衣類なので、還元型の白物用漂白剤「ハイドロハイター」で回復できます。
①製品の表示に従い、40℃のお湯に「ハイドロハイター」をよく溶かします。
②ワイシャツ全体を30分~1時間つけ置きます。
   
※「ハイドロハイター」は、お湯の温度が下がると効果が少なくなります。つけ置きした容器にフタや覆いをするなど、なるべくお湯が冷めないように工夫しましょう。ただし、密閉しないようにご注意ください。
③水ですすぎます。回復が不十分な時は、濃度を少し上げ、つけ置きの時間を長めにして、もう一度漂白してみましょう。
※「ハイドロハイター」は白物専用の漂白剤です。ワンポイントや色柄のついた衣類には使えません。
※色柄物の場合、残念ながら元には戻りません。
参考サイト https://www.kao.com/jp/qa/detail/12141/

今度はそれかー。

襟ぐりの芯地に反応したのですね。

今回はそんなに長時間つけていませんでした。

むしろ、速攻黄色いアワアワになってきましたが?

ハイドロハイターというのは見た事も聞いた事も

ないような気がするのですが

ドラックストアーを何件まわったら見つかるかなぁ。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

タイトルとURLをコピーしました